障害物競争

保育の様子

運動遊びのかけっこから障害物競争へと広がり、ジャンプをして跳び越えたりすることを楽しんでいた子供たち。
子供たちと話し合いを設け、どんな障害物をするのか自分たちで考えていくと、子供たちは「ノリノリやるー」と答え、そこからどんなものを作るか意見を出し合い作っていきました。

出来上がったものは銀のシートを潜り抜けた後、ケーキや岩などをよけて、最後は野菜や果物、剣など1つ取りたいものをとってゴールという障害物が出来上がり、外でも室内でも行いました。

外の時は人手が足りず、どうするかと聞くとゆり組の子供たちが「協力し合えばいいじゃん」と言い、そこからゴールテープを持つ子、シートを持つ子など仲良く協力しあっていました。
また剣が抜けず箱ごとゴールしたり、その日は風が強く物が飛ばされたりというハプニングも多々ありましたが、それらもすべて子供たちは楽しいようで大爆笑しながら楽しんでいました。
そしてその姿を見たたんぽぽ組の子供たちも遊びに来たりと、遊びの輪が広がる姿が見られとても微笑ましかったです。

タイトルとURLをコピーしました