子は親の鏡

 今回は最近読んで感銘を受けた本から、冒頭の詩を抜粋いたします。

「子は親の鏡」

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる / とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる。 / 不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる / 「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる / 子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる / 親が他人をうらやんでばかりいると、子どもも人をうらやむようになる / 叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう / 励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる / 広い心で接すれば、キレる子にはならない / 褒めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ / 愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ / 認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる / 見つめてあげれば、子どもは、がんばり屋になる / 分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ / 親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る / 子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ / やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ / 守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ / 和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる
(ドロシー・ロー・ノルト/レイチャル・ハリス著『子どもが育つ魔法の言葉』PHP文庫)

 家庭と書かれていますが、子どもが育つ場すべてにあてはまるのではないかとの思いを持ちました。
 この詩を読んで、私たち大人が子どもにできることはまだまだあるのだ、と背筋が伸びました。

タイトルとURLをコピーしました