保育士になろうと考えている学生の皆様へ

最初の職場で、その後の職業人生の見え方が決まります。

今井保育園園長の橋本貴志です。
今、あなたは長年の夢だった保育士になろうと、就職先を検討しているところだと思います。

「保育士になりたい」と言った時の、周りの大人たちの反応はどうだったでしょうか? ポジティブな反応もあったと思いますが、ネガティブな言葉もあったのではないでしょうか。

保育士は、給料が安く、長時間労働で、責任が重く、進んで選ぶ職業ではない、と言われてきました。
多くの先輩たちが夢を大きく抱き、この道に進み、そして去っていきました。

「こんな仕事なら選ばなければ良かった」「もう二度と保育士だけはしたくない」と口々に言うのを聞いたことがあるかもしれません。

なぜそんなことになったのか? それは最初の職場がそういうひどい場所だったから、ということに尽きます。

保育園はすべて一緒ではありません。
中には古い考えのまま、職員も園児も不本意な内容で続いているところもあります。そこに異論を挟むと、様々な方法で否定されることになり、特に若い経験の浅い職員は居づらくなって退職してしまいます。
この体験から、「保育園は選ぶべき職場ではない」という結論になってしまいます。
しかも、このような保育園は少なくないのが現状です。

今井保育園は、こう言った「業界の慣例」を否定するところから再出発しました。

子どもたちを自由にするためには、その保育を行なう職員も自由を許されていなくてはなりません。
やりたいことを我慢させないためには、時間の制約や場所の制限を必要最小限にしなくてはなりません。

そのために何が必要か。必要なものを知るためには何を学ばなくてはならないのか。学ぶにはどこに行けばいいのか。行く方法はどうすれば確保できるのか。
これら一つひとつを考える職員に、今井保育園は援助を行ない、一人ひとりが保育者として成長することで、今井保育園の未来を作っていく、と考えています。

青梅市の片隅にあるこの園で、保育と子どもたちの未来を一緒に作りましょう。

今井保育園の働きやすさのポイント

1:業界最短クラスの就業時間! 有給・特別休暇取得率100%!

ICT化や合理的な人員配置などの業務の見直しによって実現した年間労働時間1898時間45分は、保育業界最短クラス。(労働基準法の定める上限は1984時間)
言い出しにくい年次有給休暇(就職と同時に与えられます)の取得も、当園では積極的に取ることができます。

また就職直後の体調が崩れやすい時にも休みやすい「疾病休暇」、家族の病気看護の時は「看護休暇」、家族の病院の付き添いなどは「介護休暇」など取得でき、これらは全て有給休暇扱い(年次有給休暇とは別に)になります

正職員には「夏季特別休暇」5日間を付与! 夏季と言っていますが、5月〜2月の好きな時期に取得できます。 

2:チームによる保育!

どんなにいい保育を目指しても、一人では難しいものです。
今井保育園ではチームによる保育を推進し、誰かが犠牲になる職場ではなく、支え合う職場を目指しています。

3:ICTを積極的に導入!

保育の質をあげつつ、働く環境を改善するために、パソコンや保育支援システムを積極的に導入しています。正職員は全員、非常勤職員にも希望者にはノートPC(LenovoまたはMacbook air)を貸与しています。

ほかにもiPad airを導入して、ノートパソコンよりも手軽に保育記録を記載したり、ドキュメンテーションの作成ができるようにしています。

Google workspaceを利用した独自ドメインによる個人ごとのメールアドレス(○○○@kdk.or.jp)を導入し、情報共有や各種申請、書類のオンライン化を推進しました。

4:充実した研修!

オンライン・オフラインを問わず、研修への積極的な参加を推進しています。
研修参加費はもちろん、交通費等も全額職場負担で受講できます。

また園内研修では著名な実践者・研究者(過去事例:コドモノミカタ 井桁容子先生、玉川大学 大豆生田啓友先生など)の方を招聘し、直接講義を受けられるようにしているほか、階層別研修も実施しています。

5:出産を罰にしないが合言葉。産休・育休からの復帰100%の実績!

過去10年間、産休・育休からの職場復帰は100%。

育休復帰時、「子供を産んで育てるという大事業を行ないつつも、復帰してくれた」ことに感謝して、休業中の分も昇給します。もちろん、ボーナスも勤務していたのと同様の水準で支給
「出産を罰にしない」を合言葉にしています。

今井保育園の目指すもの『子どもの育つ力を守る』

この度は社会福祉法人光道会 今井保育園の採用情報を最後までご覧いただき、ありがとうございます。

当保育園は昭和26年の設立当初より、地域と親密な連携を取りつつ保育にあたってまいりました。
戦後間もない頃の子供預かり事業からスタートし、近年では多様化するニーズに対応しつつも子供一人ひとりの成長を見守る保育を心がけております。

今井保育園は、この採用を機会として、これからの園をともに作っていく仲間を募集しています。
保育を志して教育機関を卒業される皆様に、その仲間となっていただければ幸いです。

今井保育園 園長 橋本貴志

募集内容

正職員

職種保育士(正職員)
応募資格保育士資格取得者(応募時取得予定者も可)※未経験OK。
仕事内容0~6歳児(就学前)の保育。(担当は応相談)
定員140名の認可保育所です。
採用時期令和4年4月1日(これより前に学生アルバイトとして就業することもできます)
給与初任月給 213,344円〜
※待遇は当法人規定により決定。医療職・福祉職経験者は職歴に応じて優遇。経験者応相談。交通費別途。

交通費 公共交通機関:全額支給、車:上限10,000円
待遇有給休暇(10日〜)、介護休暇(有休・最大10日)、看護休暇(有休・最大10日)あり
社会保険完備
賞与年2回(夏・冬)
退職金共済(東京都社会福祉協議会、福祉医療機構の両制度)への加入
iDeco(個人型確定拠出年金)への加入可
通勤手当、残業手当、住居手当
勤務時間8:30~17:15を中心としたシフト制(早番・遅番勤務、土曜勤務あり)
完全週休2日制
勤務地今井保育園(東京都青梅市今井2-1125-2)
応募採用試験の前に、園見学をおすすめしています。
採用エントリーはこちらから!

今井保育園の諸規則

これからの働く職場がどんな制度を持っているか、事前に知りたくありませんか?
今井保育園はより良い保育環境を手に入れるため、安心して働ける職場作りを考えています。ぜひご一読いただき、ご検討ください。

施行日内容ポイント
令和2年4月1日正職員就業規則(PDF / 267KB)LGBT(性的マイノリティ)差別禁止条項を日本の福祉施設として初めて規定した、LGBTフレンドリーな就業規則です。平成29年度からは同性パートナーシップも婚姻相当とみなす制度を設けました。
保育所には珍しい、キャリアパスを考えられる職階制度を導入しています。
また病気休業の時も一定期間給与を保障します。
令和2年度から、就業時間を15分短縮し、1日7時間45分(休憩1時間)、年間労働時間を1896時間45分まで短縮しました。
令和3年4月1日非常勤職員就業規則(PDF / 222KB)「同一労働、同一待遇」を目指し、正職員と遜色ない権利を保障する内容です。
正職員と同様、病気休業の時も一定期間給与を保障します。
令和2年度から、就業時間を15分短縮し、1日7時間45分(休憩1時間)、年間労働時間を1896時間45分まで短縮しました。
令和3年4月1日給与・退職金規程(PDF / 448KB)産休中であっても賞与の対象となる規程を盛り込みました。
職階ごとの手当額も記載しています。
令和3年1月1日育児・介護休業規則(PDF / 132KB)お子様1名(小学校六年生まで)につき、年5日間(2名以上最大10日間)の看護休暇を有給休暇として取得できます。年次有給休暇を使わなくても病気の看護ができるようになりました。
ご家族1名につき、年5日間(2名以上最大10日間)の介護休暇を有給休暇として取得できます。
令和2年4月1日借上げ住宅取扱規程(PDF / 157KB)法人が賃貸住宅を借上げ、家賃を補助する制度です。
タイトルとURLをコピーしました